ホームジュエリーガイド>ブルーサファイア

ジュエリーガイド

ブルーサファイア

ラテン語の「青」に由来する名を持つサファイア。
ルビー同様、サファイアも旧約聖書の中に登場し、当時から価値のある石として認められていたことが記されています。
また、古代のペルシャではサファイアは大地を支える石で、青空は大地のサファイアを反映したものだという伝説もあり、「神に最も近い石」とされました。
神に近い石という評価は、「力の象徴」として時の権力者たちに競い合うように求められていきました。
あのナポレオンやロシア、イギリス、フランスの王室でも大粒のサファイアを使った宝飾品を手にしたとされています。

「サファイアとは」

落ち着きのある輝きを放つサファイアは、様々な表情をみせる宝石です。
鉱物学的にはコランダムに属するサファイアは、ルビーと同じ石である事を意味しています。
石の中に含まれる酸化クロムの微妙な割合によって色が変化し、その中で赤いものをルビー、青いものをブルーサファイアといいます。その他にファンシーカラーサファイアがあります。


「評価ポイント」

評価の基本となるのは「色」「内包物」「輝き」の3点であり、最も重要とされるのが色です。
色が濃ければ濃いほど評価が高くなりますが、最高の色を通り過ぎ、逆に「黒く」なってくると評価は下がります。


「サファイアの産地」

最高のカラーはコーンフラワーブルーという色で、インドのカシミール地方に多かったのですが、今ではほとんど産出されなくなってしまいました。
現在、市場に安定した供給がされているのはスリランカ産サファイアで、一般的にはやや色が薄いものの、透明度が高く輝きの点で優れているのが特徴です。
サファイアにはブルー以外にもピンク、オレンジ、イエロー、ゴールデン、グリーン、そして無色のホワイトサファイアまで、さまざまなカラーバリエーションがあり、ファンシーカラーサファイアと呼ばれています。

「カットの種類」

オーバルブリリアントカット、マーキスブリリアントカット、ハートシェイプカット、カボションカットなど。