ホームジュエリーガイド>ファンシーカラーサファイア

ジュエリーガイド

ファンシーカラーサファイア

ルビーと同じコランダムに属するサファイア。
そのサファイアの中には、色彩豊かなカラーバリエーションをもつものがありそのグループをまとめて「ファンシーカラーサファイア」と呼んでいます。
代表的なものは、ピンクサファイア、イエローサファイア、オレンジサファイア、そしてパパラチアサファイアと呼ばれるオレンジとピンクの中間の色を持つサファイアです。
パパラチアサファイアは「キング・オブ・サファイア」とも呼ばれ、独特の美しい色合いに希少性が高いことが影響し、ブルーサファイアよりも価格が高くなる石もあります。
他にもマダガスカル産のオレンジサファイアは、深みのある赤が特徴であり、今後価格が上昇することが予想されます。

「評価ポイント」

ブルーサファイアと同じく「色」「内包物」「輝き」の3点が大きなポイントです。
色に関しては、薄すぎても濃度が上がって黒ずんでもいけません。
透明感は高いほうが評価もアップします。
ファンシーカラーサファイアの中で、パパラチアサファイアは評価も難しく、プロが見てもオレンジサファイアやピンクサファイアと見分けがつきにくいものもあります。


「ファンシーカラーサファイアの産地」

ファンシーカラーサファイアの産地は、スリランカが中心でした。
特にパパラチアはほとんどがスリランカ産で、最近ではマダガスカルの鉱山からも産出されるようになってきています。
今後はマダガスカル産のオレンジサファイアに注目です。
また、イエローやピンク、そしてホワイトサファイアなどもスリランカで数多く産出されています。


コラム

数多くのサファイアが産出されていたスリランカで、どのサファイアに分類すればよいのか悩ませる石がありました。
それが、パパラチアサファイア。
オレンジとピンクの中間の色合い。
人々はそのサファイアが蓮の花の色に似ていることから、スリランカの言葉で蓮の花を意味する「パパラチア」と呼ぶようになりました。
独特の美しい色合いが珍重され、やがて「キング・オブ・サファイア」と言う称号を持つまでになったのです。